お電話でのお問い合わせ 03-3648-5381 お問い合わせフォーム
  • ホーム
  • リフォームシステム
  • 事例集
  • 耐震診断・改修
  • 助成金&減税
  • 資産化リフォーム
  • お手入れマニュアル
  • 会社概要
ホームよくわかる耐震診断・改修補強の種類と優先順位、補強方法




相手が「地震」という天災である以上、地震で倒れないと保証できる補強は、現実的には不可能です。つまり、どこまで補強すれば大丈夫という基準がありません。(耐震診断の評点は、阪神・淡路大震災クラスの地震で倒壊するかどうかの判定です。)
補強すればするだけ、より倒壊しにくい家になりますが、それに応じて費用もかかります。

「あと、どれくらい今の家に住みたいのか?」
「どのくらいの費用であれば補強工事を行えるか?」
「"命を守るための補強"をするのか?"財産価値を守るための補強"をするのか?」

現実に照らし合わせて考えてみてください。目的、予算に見合った補強方法の組み合わせが見つかります。





補強の種類と優先順位


補強の種類と優先順位





補強方法


接合部の補強(点検口利用)

床下、天井点検口があれば、そこから潜っていって補強を行う方法があります。今まで付いている補強金物の締め直し、不足している金物の取付、補強材の取付、などが可能です。接合部分を強固にすることにより、建物全体の強度を高めます。

解体、補修を伴わないので、工事費用を抑えることができますが、人が奥へ進んで行けない、手が入らない。など工事範囲が限定される場合が多くあります。

全体的に接合部の補強を行うのであれば、補強箇所の解体・復旧を考える必要があります。

雨漏り対策(基礎、外壁ひび割れ補修)

基礎、外壁のひび割れから、雨水が浸入する可能性があります。雨漏りは、虫歯と同じです。放置しても良くなりません。建物内部に侵入した雨水は、梁、柱、土台と呼ばれる建物の構造自体を腐らせてしまう可能性があります。腐朽した躯体では、建物が本来持っている性能を発揮できず、地震に弱くなってしまいます。

ひび割れの補修であれば、はしごを用いて工事することも可能ですが、お勧めするのは、建物全体の外装改修工事。仮設足場をかけて建物全体をくまなく点検し、大切な財産を雨漏りから守ることができます。

ホゾ抜け防止金物(外づけ)の設置

建物の外部側より基礎、土台、柱を固定する金物を取付します。

外壁モルタルを解体撤去する場合と外壁の上から固定する場合があります。近年では、ポリエステル製、アラミド繊維製の製品も見られます。(金属以外の製品取付は、必ず外壁を解体する必要があります。)

1ヶ所あたりの工事範囲が少ないので、工事金額を抑えられますが、建物全体に補強を行う場合は、仮設足場の設置、仕上げ補修の方法を検討する必要があります。

火打梁の追加

土台と土台、梁と梁が直行している部分に斜めに入れる補強材を火打梁と言います。火打梁を入れると水平方向の強さ(水平剛性)が増し、ゆがみに強い建物になります。

点検口から潜って行き、工事を行うことが可能な場合もありますが、施工に必要な高さを確保できない場合が多く、天井や床の解体が必要と考えてください。

基礎ヒビ割れ補強(ヒビの補修・補強)


基礎ヒビ割れからの漏水対策については、前述しましたが、漏水を止めただけでは、基礎が割れていることに対する補強の意味合いはありません。コンクリート基礎にヒビ割れがあると、地震力を地盤に逃がすことができず、基礎が壊れる危険性が高まります。

小さな(巾1mm以下)ヒビ割れであれば、エポキシ樹脂を注入してヒビを埋めてしまう方法があります。大きなヒビの場合は、ステンレス鋼板を取付したり、ヒビ割れ周囲に新たに基礎を作り補強する方法が検討されます。

筋交いの追加、既存壁の補強

壁の量、壁の強度、壁の配置の3点が、耐震補強工事では、重要な部分を占めています。耐震診断を行い、建物全体のバランスを整えるために既存壁の補強を行います。

天井裏の梁から床下の梁(または土台)まで補強する必要があるので補強する壁近くの天井と床を解体する必要があります。

補強方法は、構造用合板を貼り付けする方法。筋交いを追加する方法があります。

ホゾ抜け防止金物(内付け)の設置

建物の内部からホゾ抜け防止金物の取付を行います。天井、壁、床を解体した状況でないと施工できません。

「金物を取付するために解体を行う」という考え方ではなく、「リフォームするために解体するから、その時に補強を行う」と考えて見てください。

壁の量、強度、配置のバランスを検討しても接合部が耐えられなければ建物の強度は、向上しません。

耐力壁の追加

大きな部屋(12帖以上)がある場合、吹き抜け空間がある場合、建物の角にドアや窓などの開口部がある場合。その一部分に壁を作ると建物の強度が著しく改善する場合があります。

施工するためには、天井、壁、床の解体・復旧。サッシなどの取替が必要となります。

耐震診断を行い、効率良く配置することも重要ですが、壁を作ることによって生活しにくくならないように検討する必要があります。

建物の軽量化

地震の負荷は、建物の重量に比例して大きくなります。また、屋根が重いと重心が高くなり、揺れ幅が大きくなる傾向があります。

施工方法としては、瓦屋根からスレート屋根、金属屋根に変更する。モルタル外壁を軽量なサイディングに変更する。等の方法があります。工事ではありませんが、ピアノ、本棚など重量があるものを1階に移動したり、必要でなければ処分したりすることでも、耐震性の向上につながります。

水平剛性確保(床下地の貼替)

前述の火打梁を入れることによっても、水平剛性は向上しますが、梁の直上に構造用合板を貼ることで、より強固になります。水平剛性は、建物を箱に例えた場合のふたの役割を持ち、建物の変形を防止します。

地震力も床を伝わり壁に流れていくので、壁補強と共に床の補強も必要な工事となります。

水平剛性のある床(剛床という)にするためには、梁の補強・追加も検討しなければなりません。

シロアリ・腐朽被害の改善

雨漏り、給排水の不具合、老朽化などが原因で、躯体(柱、梁、土台などの建物の構造部分)に腐朽が起こることがあります。温度・湿度・栄養の条件がそろえば、そこにシロアリが住み着くこともあります。

多くの場合、天井裏や床下で発生しますので、気がついたときには、被害が進んでいることが多いのが実状です。予防的観点で定期的な床下点検、屋根裏点検、シロアリ駆除をお勧めします。

基礎の補強

基礎内部に鉄筋が入っていない場合(無筋の場合)、基礎自身が崩壊する可能性が高いなどの欠点があります。また、有筋基礎の場合でも、割れが連続して見られる場合、不同沈下が見られる場合、耐力壁を増設する場合などは、基礎の補強が必要となります。

立ち上がり基礎部分のみを抱き合わせる補強する場合と、底盤部分も一体化して基礎を作る(べた基礎)場合があります。いずれの場合も、すべての床を解体し、建物全体の基礎に対して施工する必要があります。

地盤の補強

畳2畳程度の機械を置くスペースが確保できて、室内の床をすべて解体できれば建物を残したまま地盤の補強をすることもできます。

写真は、アンダーピンニング工法と呼ばれる施工方法です。立ち上がり基礎の脇に穴を掘り、鋼管を打ち込んで地盤の支持力を確保します。軟弱地盤の土地では、大きな効果が期待できます。不同沈下の修正も可能です。







リフォーム事例一覧
23-1_aft

【水まわりまるごとリフォーム】 家族の健康のために! 機・・・

2015年9月28日

  • キッチン
  • バスルーム
  • まるごとリフォーム
  • 洗面・トイレ
22-1_aft

【まるごとリフォーム】 湿度・消臭に効果を発揮する素材で・・・

2015年9月28日

  • キッチン
  • まるごとリフォーム
  • 外壁・外装・屋根
17-1_aft

目的を明確にした、外壁の塗装リフォーム

2015年9月28日

  • 外壁・外装・屋根
16_1_aft

点検で見つけた、漆喰の欠損を丁寧に補修

2015年9月28日

  • 外壁・外装・屋根
12-1_aft

樹脂製屋根で、活用の幅が広がりました

2015年9月28日

  • エクステリア
  • 外壁・外装・屋根
07-1_aft

変わりゆくライフスタイルに、家も合わせる

2015年9月28日

  • バリアフリー
  • リビング・ダイニング・洋室
  • 和室




ページトップへ戻る